埼玉の注文住宅では使われる建材も多様化かつ複雑化していて寸法も各種のものがあり我々の見えない部分でも多くの費用がかかっているものです。従って建設費用が高くつく原因として材料の無駄遣いを始めとして購入の手間や職人の手間、長きに亘る工期という面も否めません。しかし家を建てる人にとってはこれらの中身を判断することは素人でもありわかり難い部分もあります。埼玉における家作りではハウスメーカーにおいてかかるコストを最小限にとどめるようにルール作りが行われています。一般にコストを抑えるという場合は質を落とすという方法ではとられがちなものですがこれをやるのでは意味をなさないものです。住宅の品質は落とさずコストを抑えた家作りというものが行われています。

今までの注文住宅とどう違うのか

普通は予算に合わせて仕様を決め見積をとってオーバーすると予算調整を行うのが一般的です。埼玉のハウスメーカーでは設計段階で部材や仕様、あるいは住宅設備に一定のルールを設けるところが違います。このことで職人の手間が省け作業日程にも無駄な部分が生じず工期短縮にも結び付きます。従って途中で素材変更するべきかどうかで迷うこともなくなり、コストの負担も少なくなります。質を落としてコストを下げるのではなく職人の立場から仕事がし易いルールを設け部材の仕入れのシステムを整えることでコストダウンを図る方法となり、構造上重要な部分には高品質な材料を使うことになります。従ってコストを下げても耐久性能も向上するといったメリットを伴うことになりますので性能には影響がありません。いわば手間と材の標準化をはかるという方法をとります。

具体的な作り方としてどこに違いがあるのか

埼玉のハウスメーカーはあらかじめ屋根や壁、床などは工場で加工しておきそれらをユニットにしたものを現場へ搬入する方法をとり、そこで組み立てます。現場での施工手間が極力かからないように寸法、並びに仕様や設備には細かなルールが設けられ合理的な家作りが成されます。その為に設計段階から施主から詳細にヒアリングを行い設計図が描かれます。これらの工程では全国で活躍している感性や経験豊かなデザイナーが行いますから施主の意向に沿い、かつ敷地の条件を反映したオリジナルの図面が出来上がります。従ってどこでも見られるようなデザインではなく全く独自の住宅図面に仕上がります。又、施主から提案されたアイデアとか要望も十分にくみ取り、オプションとしてコストが余分にかかるときにはそのことも連絡されます。