埼玉で家を建てたい場合にはどこに依頼すれば良いか分からないものです。土地探しから行うとなると候補地を出しておくことも必要で、勤務先や通学地として便利なところへ建てたいものです。敷地は矩形で高低差がなく南面するところに車庫や庭が計画できて日当たりの良いところに建てたいものです。予算は土地と建物込みですから地価と坪数から逆算して建物の費用と規模が決まり、外構工事と一通りのエクステリア、内装家具調度品までは仕上げたいもので予算内容はオーバーしないように守ってくれる会社選びをしたいものです。こういう希望内容の場合は自由設計という手法がとられる会社であればほぼ実現できるものです。従って埼玉でのハウスメーカー選びではこれは必要な条件に入って来ます。

耐震性を重視し木造住宅を手掛ける会社であること

将来の大規模地震に備えて耐震性能に優れる会社があります。建築基準法の大震性を満たし、耐震性能基準の等級は3となっているので100年に1度発生するかもしれない地震力の1.5倍の水平力に対して倒壊や崩壊しない性能を持つとされ安心できるものです。輸入住宅ではなく自然の素材が使われる木造在来工法で建てられ内容としては耐力壁と呼ばれる地震に対して有効に働く壁が縦横両方向にバランスよく入り、基礎は地震に強いベタ基礎工法が好ましく十分な鉄筋が入っている為にこの工法は適しているとされています。大きなスパンをとる際には梁の部材強度の算定も行われますからまず安全性が確保されます。木造住宅には定評があり木材は高品質のもののみが使用され家族の生活スタイルに合った間取が実現できます。設計力及び施工技術力が高くベテランの自社の大工が施工を行うので任せて安心できるとされています。

高気密かつ防犯性にも配慮されていること

マンション建築と違って注文住宅は建てたあとは自己責任で防犯の対策を立てなければなりません。勿論敷地の広さとか道路との関係、アプローチ部分の距離、周辺環境などからエクステリアをオープンにしたりクローズドスタイルにしたりする場合があります。埼玉のハウスメーカーではセキュリティに関する有資格者が防犯設計にも参加していて、防犯面で有効な施工が行われることになりますので安全面でユニークな制度がとられています。節電するとか省エネの考え方は、東日本大震災以降は大切な課題になって来ています。この点も高気密断熱性が確保され寒い冬の間もエアコンが不要であるほどに快適な生活を送れるのは好ましいと言えます。そして埼玉のハウスメーカーでは 住宅設備のグレードも高く、1千万円の住宅も実現することが可能とされます。